レーサー山崎信介のブログ ~WING BREEZE~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

テスト in フランス

フランスより無事、戻って参りました!
今回のテストを初めに言うと、今までの一人旅&テストの中で最高のものとなりました

慌しい準備で迎えた出発当日、今回のテストはあまりに時間が無かった為、クラッシュデポジット等の確認に一抹の不安を抱え成田へ・・・。すると、そんな僕の旅立ちを後押しするかの様な大きな垂れ幕が!
Yamazaki Goldヤ・マ・ザ・キ!世界にかなりアピールしてます!

冗談はさておき、ロンドン経由でパリに到着 その日はもう遅いので空港近くに泊まり、翌朝空港でレンタカーを借り、目的地マニ・クールに向かいます。チームからの情報でパリから南へ2時間半、ハイウェイの番号は確認していますが、空港がパリの北東にあるのでカウンターで地図を頼みます。 が、そんなの無いって さすが格安、じゃあ有名どころのカウンターで って頼みに行くとそこもナシ 結局どこもパリ市内の細かいやつしかないので、標識便りで出発です 今回の愛車はこちら
CitroenC2.jpgシトロエンC2: 最高速度150km、上りで130kmです(実測済み)

綺麗な菜の花畑を横目に順調に目的地マニ・クールへ!今回テストをアレンジしてくれたチームは、サーキットのすぐ隣にあるレース村にありました。
EXAGON factory予想以上に大きくて綺麗な施設です

丁度ランチタイムでチームマネージャーが外に出ている為、小一時間程中で待たせてもらうことに。すると残っていたメカニックが飲み物など色々と気を使ってくれ、施設内を案内してくれました。
Factory2.jpg EXAGON inside中も綺麗で雰囲気の良いところです

メカニックはあまり英語が得意では無い様ですが、僕がまだランチを済ませてない事を知ると、冷凍庫からチキンジャンバラヤをチンッ♪ ボナペティと、ご馳走してくれました

2時になるとチームマネージャーが戻り、初対面。メールでも好感の持てる対応でしたが、実際に会うととても好印象。話す英語もフランス訛りが少なく、今まで話した外国人の中で最も話しやすい、英語で話しているとは思えない程コミュニケート出来ました
Exagon Cedricチームマネージャーのセドリック君です。テスト後の夕食で知りましが、彼27歳です チームオーナーも40代に見えるだろ!って笑ってました。

一通り説明を受け、5時からの走行に向け簡単なシート合わせを行います。これが今回テスト走行を行うマシン、フォーミュラ・ルマン。
Exagon in the carパドルシフトやカーボンブレーキを備えています。フィッティングもすぐに終わりました

今回コースも初めてなので、事前に2008WTCCチャンピオン、イヴァン・ミューラーが4周だけ乗った時のデータを参考に見せてもらいました
ファクトリーからピットまではマシンを牽引して運べる近さ。走行に至る面倒な手配など無く、ヨーロッパサーキットの敷居の低さを感じました。

5時を回り走行がスタート。コルベットと同じ6Lのエンジンなので、独特なアメリカンサウンドが響きます。回転数は低いですが非常に太いトルクで、ピットリミッターを外すと同時にホイールスピンしながらコースイン。1周のチェックラップでピットに戻り、その後3周のタイム計測を行います。このコースは5速で抜けるハイスピードコーナーから6速全開からフルブレーキのタイトヘアピン、4速で縁石を激しく跨ぎながら抜ける高速シケインが2つと、僕が好むチャレンジングなレイアウトです。

1年振りのプロトタイプは不安と期待が入り交ざった走行でしたが、素晴らしいダウンフォースとブレーキパフォーマンスがすぐに自分をその気にさせてくれました。2周目には事前に見たデータのタイムをクリアし、3周目にはそれを2秒更新してピットに戻ります。エンジニアと一通りディスカッションを済ませ、再び4周のタイム計測を行います。ここでまたタイムを1秒更新してピットに戻り、一度コクピットを降りてエンジニアとミーティング、エンジニアも興奮しながら話を進めていきます。

元々10周のテストという約束は何処へやら?天候が悪くなる前に、とすぐにまた4周のタイム計測に入ります。が、その2周目から通り雨が降り出し、走行終了。一連のテスト走行が終了しました。
マシンのパフォーマンスは想像以上で、その特性も変なクセがなく、自分がプッシュした分だけタイムに繋がる素晴らしい素性でした! 唯一比較となりうる別のチームが同じマシンを走らせていましたが、若いフォーミュラ・ルノーのドライバーが乗り、僕の2秒落ちで走っていた様です。

テスト後にチームオーナー、セドリック君、別のドライバーと4人で食事に行きました。ここら辺では一番のレストランに招待してくれ、手の平サイズのフォアグラ等、本場のフレンチを堪能させてもらいました
Restaurant.jpgドーム型店内の真ん中でグリルしてくれます 

翌日もファクトリーに出向き、セドリックと今後に向けてじっくりと話し合いました。僕の中で今回のテストは感激するほど最高のものでした!それはマシンだけではなくチーム、人、雰囲気全てにおいてのフィーリングです。この環境でなら自分の目指すものを実現出来る!と思わせてくれるものでした。その思いを全て伝え、彼も出来る限りの協力と、ギリギリまで僕の返事を待ってくれると約束してくれました。次は今月30日に行われる最初の合同テストがルマンで、開幕戦は5月9日にベルギー・スパで行われます。

僕に残された時間は1週間程です。テストを踏まえてとても良い条件を提示してくれましたが、僕が次の機会を得られるか否かは、必要とされるスポンサーをそれまでに得られるか?です。非常にタフな状況ですが、今回リスクを冒してでもテストに参加したことで、本当にやりたい事がクリアになりました。この1週間、自分のレース人生を掛けて頑張ります!!!

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

フランスへ

突然ですが、明日から↓に乗りにフランスへ行ってきます! 
       img_32.jpg
      www.formula-lemans.com
フォーミュラ・ルマンという今年からヨーロッパで新しく始まるシリーズです。名前からして僕が興味無い訳ありません

昨年からリサーチしていたのですが中々進展せず、先月末に改めて全チームとコンタクトを取り、それぞれと交渉していました。その中からテストさせてくれるところが出てきたので話を進め、先週金曜から準備スタート 何とか格安航空券を押さえ、週末の間に必要な調整に翻弄しました

今日航空券の支払いを済ませて一段落 と、思いきや国際免許が切れていた 慌てて更新に向かい何とかセーフ 今回は空港から2、3時間ドライブしないといけないので免許が無ければ一大事!あ~びっくらこいた 

とりあえず格安ホテル、レンタカーの手配もほぼ片付けたので、もう大丈夫かな たぶん・・

今回急なテストにも関わらず協力してくれた方々、本当に有難うございました。
今後に活かされるテストになる様、ベストを尽くしてきます。

あとは荷造り、頑張ります
それでは~

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。